会社概要

お取り扱い店検索

会社概要

MAMとは

MAMの特徴

・アミノ酸がたくさん入っています。土壌微生物を増やし、土の団粒化を促進し、健康な"土づくり"ができます。

・根の活力を高めて、日照不足や低温、干ばつ、ストレス、病害虫に強い抵抗力を持つ、健全な作物づくりができます。

・水溶性のアミノ酸が豊富なため、寒冷地でも吸収されやすく、順調な初期育成が期待されます。

・作物に無駄なく吸収されるため、流亡が少なく、環境にやさしい肥料です。

・作物の味や色・つやが良くなり、糖度を高めるのに役立ちます。

・作物の鮮度が上がり、日持ちが良くなります。

・有機物との相乗効果により、ビタミンやミネラルの含有量が増え、栄養価の高い作物ができます。

・低分子化されたアミノ酸は土壌微生物をはじめ、植物の根や葉面などから直接吸収されます。


原料と製法

原料
肥料用としての製造基準の適合が確認されています。

●鶏・豚・乾血粉
血液を乾燥粉末にしたもので、チッソ12%の他、微量要素を多量に含みます。
●フェザーミール(蒸製毛粉)
鳥の羽毛を加圧蒸製し、粉砕したもので、チッソ12~13%の他、微量要素を多量に含みます。
●豚皮  ゼラチン
豚の皮膚を構成しているコラーゲンを加工してつくられ、チッソ10~12%を含みます。作物の生育を促進し、品質向上に役立つプロリン・グルタミン酸を多量に含んでいます。

製法
有機原料高速反応槽で可溶化すると同時に、アミノ酸まで溶解するマイクロメルト製法です。

●製法上の特長
水溶化率(低分子化、遊離化)をコントロールすることで、肥効を調節できる画期的な方法です。